金投資の魅力

金には、不変の価値があります。

金は燃えない、錆びないという
不変性が大きな魅力です。

また、金は傷ついたり、溶けたりしても、
重量と純度さえ変わらなければ、
時価評価されます。

また、分割が容易で
換金性に優れています。


不動産は簡単に分割することが困難で、
流動性の問題から売却したくとも
時間や手間がかかります。

しかし、金地金は5グラムから1キログラムと
種類も豊富で、
店頭での換金性にも優れており、
いつでも分割したり、現金化が容易です。

安心して売買できるのです。


不動産、美術品やダイヤモンドなどは、
現在の価格が適正なものかどうか判断することが
非常に難しいものです。

しかし、金は日本で唯一の公設市場である
東京工業品取引所で値段が決められています。

したがって、誰でも公正な価格を基準に
時価で売買することができ、
毎日の価格は新聞紙上で
簡単に確認することができます。


通貨は、インフレや戦争、政情不安、
経済情勢の混乱などの「有事」によって
大きく価値が低下する恐れがあります。

しかし、実物資産としての金は、
その不変性から「有事」に威力を発揮し、
多くの場合その価値を下げることは
ありませんでした。


それが「有事に強い金」といわれるゆえんです。


財産を守る究極の保険としても
多くの人から好まれています。


日本では、貯蓄による自己防衛意識が強く、
従来より「財産3分法(預貯金、株、不動産)」が
財産保全の定番とされてきました。

しかし、土地神話、銀行不倒神話や
株式バブルの崩壊を経験した現在では、
金を加えた「財産4分法」が評価されています。


株式、債券とも相関性の低い金を含めることで
保険(ヘッジ)としての役割を担っているのです。


スポンサード リンク

金投資の魅力
金投資の魅力
金投資について
日本における金投資
金投資は金融商品
金取引のリスク
金にかかる税金
金の価格の決まり方
金の先物取引
金投資メリット・デメリット
金投資のメリット
金投資のデメリット

運営者情報・プライバシーポリシー

サイトは運営者情報、プライバシーポリシーはサイトのトップページに記載しています。

金投資 金売買  金投資法の解説 トップページへ



スポンサード リンク

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

inserted by FC2 system