日本における金投資

日本でも金への投資が盛んになってきています。
まさに今、日本における金への投資が
活況を呈しているのです。


長引く不況で脆弱化した
日本の金融システムに不安を持つ投資家が、
「実物資産」である金に資産をシフトさせてきています。


日本の金の輸入量は、
既に例年の年間実績を大きく上回ってきています。


さらに、東京工業品取引所の
金先物市場も賑わいをみせ、
過去の話では2002年2月77日には
346,076枚という
空前の出来高を記録しました。


これは346トンの金が取引されたこととなり、
1日でバブル期の年間輸入量に匹敵する取引量なのです。


また、米国でも金投資が注目を集めています。


ITバブルの崩壊以降、
軟調だった米国および主要国の株価は、
急落に見舞われ、世界中の投資家の肝を冷やしました。


原油などの主要商品も軒並み下落するなか、
金はドル建て価格を上昇させ、
「有事の金買い」を立証します。


その後も株価が急落局面に陥るたびに
金価格は堅調となり、
金が金融資産の避難先として
機能していることを示しています。


スポンサード リンク

金投資の魅力
金投資の魅力
金投資について
日本における金投資
金投資は金融商品
金取引のリスク
金にかかる税金
金の価格の決まり方
金の先物取引
金投資メリット・デメリット
金投資のメリット
金投資のデメリット

運営者情報・プライバシーポリシー

サイトは運営者情報、プライバシーポリシーはサイトのトップページに記載しています。

金投資 金売買  金投資法の解説 トップページへ



スポンサード リンク

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

inserted by FC2 system