金投資は金融商品

金への関心が高まっています。


個人が利用できる金投資の方法には、
地金商や商品取引員などから
金の地金を購入する方法、
金の先物取引、毎月一定の金を購入する
純金積立など様々なものがあります。

より間接的には、
世界の金鉱会社の株への投資や
金鉱株や金地金に投資するタイプの
投資信託商品の購入も考えられます。


金には利息や配当金の支払いはありませんので、
定期的なインカムゲインが欲しい人には向いていません。

現物でも先物でも投資家の目的は、
他の投資商品と合わせ持つことによるリスク分散や
値上がり益ということになります。


最近金投資が注目されている一つの理由は、
金価格が歴史的に
かなり低い水準に置かれていることが挙げられます。

80年代には、
1オンス=300ドルから500ドルの範囲で取引されていた金は
90年代後半に入ると300ドルを下回り、
2001年2月28日には
1年数ヵ月ぶりに260ドルを下回りました。

2002年12月末現在では
1オンス=348ドル程度に上昇していますが、
それでも長期で見ると低い水準にあると言えます。

また、テロ問題、中東の緊張、北朝鮮問題など
世界的に緊張が高まっていることも、
有事の金買いを誘っているようです。


金は国際市場においては
ドル建てで売買されますが、
日本の個人投資家が金売買を行う際には、
通常円建てでの取引となりますので
為替相場の変動の影響を受けます。

また、身近な純金積立の場合でも、
口座管理料や手数料が必要であり、
その手数料率も他の金融商品と比較すると
決して安くはありませんので注意が必要です。


スポンサード リンク

金投資の魅力
金投資の魅力
金投資について
日本における金投資
金投資は金融商品
金取引のリスク
金にかかる税金
金の価格の決まり方
金の先物取引
金投資メリット・デメリット
金投資のメリット
金投資のデメリット

運営者情報・プライバシーポリシー

サイトは運営者情報、プライバシーポリシーはサイトのトップページに記載しています。

金投資 金売買  金投資法の解説 トップページへ



スポンサード リンク

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

inserted by FC2 system