金取引のリスク

金の取引とリスク について考えてみます。
金投資には、どのようなリスクがあるでしょう。


金投資には信用リスクはないものの、
市場リスクは常に伴います。

また、金は
国際市場においてはドル建てで売買されますが、
日本の個人投資家が金の売買を行う際には、
通常円建てでの取引となりますので
為替相場の変動の影響を受けます。

また、純金積立の場合でも、
口座管理料や手数料が必要であり、
その手数料率も他の金融商品と比較すると
安くはありませんので、
取引を始める前には
きちんと調べることが大切です。


金の先物売買は、
商品先物会社に口座を開設し、
そこに一定の証拠金を積み、
レバレッジを効かせて
金の先物の売買を行います。

決済は反対売買による差金で行われるために、
少額で大きな取引が可能となりますが、
思惑が外れた場合には
大きな損失を被ることになる可能性もあり、
ハイリスク・ハイリターンの投資方法であると言えます。


金貨や宝飾品は、
地金商や貴金属店などで購入します。

日本国内でもペイオフ解禁の頃には、
金貨や金の小判などがよく売れたという話が
マスコミを賑せました。


金鉱株やゴールドファンドは
証券会社などで購入できます。

金の価格が上昇すると
金鉱関連企業の業績も向上するために、
それが株価に反映されるというわけです。


スポンサード リンク

金投資の魅力
金投資の魅力
金投資について
日本における金投資
金投資は金融商品
金取引のリスク
金にかかる税金
金の価格の決まり方
金の先物取引
金投資メリット・デメリット
金投資のメリット
金投資のデメリット

運営者情報・プライバシーポリシー

サイトは運営者情報、プライバシーポリシーはサイトのトップページに記載しています。

金投資 金売買  金投資法の解説 トップページへ



スポンサード リンク

RSSリーダーに追加

iGoogleに追加

My Yahoo!に追加

inserted by FC2 system